薄膜展開式軌道離脱装置 (DOM1500)

薄膜展開式軌道離脱装置 (DOM1500)

価格: 要問い合わせ
[薄膜展開式軌道離脱装置]
DOMは、De-Orbit Mechanismの略称です。 超小型衛星用として、中島田鉄工所と東北大学が共同で開発した薄膜展開式軌道離脱装置です。数字「1500」は、その薄膜のサイズを表します。DOMは、薄膜を展開することで空気抵抗が増大し、超小型衛星を軌道から離脱させます。
  • ・ 薄膜を展開し空気抵抗を増大させるシンプルな構造


    ・ 1Uサイズから50cm級衛星まで対応できるバリエーション


    ・ コンパクトな設計で僅かな空きスペースにも設置可能


  • 質量:
    1.0 kg
    寸法:
    直径110 mm x 高さ73 mm
    薄膜寸法:
    1500mm四方
    電源供給方式:
    電源は衛星の1次電池から供給されます。(例: ニッケル水素電池, 5V, 2450mAh)
    1. 衛星名
    2. 打上年
    3. 開発主体
    4. 軌道傾斜角 (deg)
    5. 軌道高度 (km)
    衛星名: RISING-2
    打上年: 2014
    開発主体: 東北大学
    軌道傾斜角 (deg):97
    軌道高度 (km):628
    衛星名: FREEDOM
    打上年: 2016
    開発主体: 中島田鉄工所
    軌道傾斜角 (deg):
    軌道高度 (km):