Xバンド高速送信機

Xバンド高速送信機

納期:
10 ヶ月
価格: 要問い合わせ
超小型衛星搭載用Xバンド高速送信機。COTS部品を用いて,低コスト,低消費電力,高性能を達成.大量のデータダウンリンクに対応。500Mbpsでの通信を軌道上実証済み。
  • ・ 500Mbps超の高速ダウンリンク通信


    ・ 1パスあたり36.7GB(3.8m地上局アンテナ及び衛星側パッチアンテナにて)


    ・ 低消費電力


    ・ QPSK, 8PSK, 16APSK, 32APSK, 16QAM, 64QAM, 64APSK (回線最適化)


    ・ ユーザー側での設定を定義することが可能


    ・ 宇宙実証済み(50kg級衛星2機)


    ・ GaN-HEMTパワーアンプ


    ・ コンステレーション衛星向けの高い周波数帯域利用効率(500Mbps@125MHz Bandwidth)


    ・ SCCC(CCSDS 131.2), DVB-S2, DVBS-2X(~64APSK)


    ・ COTS部品使用による低コスト化


    ・ RoHS不適合


    ・ 日本製


  • ユーザーデータレート:
    72-540 Mbps
    変調方式:
    QPSK, 8PSK, 16APSK, 32APSK, 64APSK, 16QAM, 64QAM
    エラーコード修正:
    SCCC (CCSDS 131.2), DVB-S2, DVBS-2X (~64APSK) (others available on request)
    消費電力:
    22 W @ 33 dbm
    RF出力:
    2 W
    DC出力:
    28 V, 22 W
    動作温度範囲:
    -20~+60 ℃
    質量:
    1.3 kg
    周波数範囲:
    8025-8400 MHz
    出力:
    20-33 dBm
    ベースバンドフィルター:
    Square root raised cosine α = 0.5
    データレート:
    Configurable (in flight)
    データ入力I/F:
    LVDS
    RF I/F:
    50 Ohm SMA
    TTC I/F:
    RS422
    フィルタ:
    Compliant with ITU regulations (ITU-R SA.1157-1)
    寸法:
    120 x 100 x 73 mm (フランジ、ネジは含まず)
    パッチアンテナ:
    70 x 70 mm, 69 g,13.5 dBi
    入力データレート:
    > 600 Mbps
    1. 衛星名
    2. 打上年
    3. 開発主体
    4. 軌道傾斜角 (deg)
    5. 軌道高度 (km)
    衛星名: HODOYOSHI-3
    打上年: 2014
    開発主体:
    軌道傾斜角 (deg):97
    軌道高度 (km):600
    衛星名: HODOYOSHI-4
    打上年: 2014
    開発主体:
    軌道傾斜角 (deg):97
    軌道高度 (km):620